About
Humic and Fulvic
Minerals

有機物が分解された究極の形態

米国農務省が実施した研究によると、近代農業は土壌から栄養成分を吸収しそれを補う為に肥料・農薬を補填するという悪循環に陥っています。その悪循環から人にとって必須ミネラルの絶え間ない枯渇とそれに伴う食糧供給の低下をもたらしています。

肉食が一般ではなかった日本人がかつてどこから必須ミネラルを摂取していたのでしょうか? それはミネラル豊かな土壌に育った農作物から一番得られたと思われます。

現在の一般的な農作物の状況はどうでしょう。多収穫をもたらす為に絶え間のない肥料・農薬の投与が行われているかもしれません。狭い農地ゆえに土地を休ませてその地力を回復させる困難もあるでしょう。その様な環境において一般に必須ミネラルは肥料・農薬の一部として考慮、投与されているでしょうか。篤農家においてはミネラル投与が始まっています。

有機農業は健康を考える上で注目されています、といっても必須ミネラルに注目されているわけではありません。日本の場合有機農業は不必要に農薬を使うのは止めましょうという事で、ある種の肥料の使用は許可されています。唯一堆肥等の使用においてその堆肥に含まれている必須ミネラルが農作物に吸収されて食されるという循環はされているでしょう。
ただその量はというと微々たるものと推察されます。

また腸内環境と脳というキーワードがこのところ注目されていますが、腸内環境が脳を左右しているという推論は様々な事例・研究から実証されつつあるようです。この腸内環境とは狭義に腸内細菌に規定されるむきもあるようですが、その腸内細菌を支える環境を維持するものがミネラルである事も考える必要があるでしょう。

そこで不足している必須ミネラルを直接補う為に有機フルボ酸とフミン酸というミネラルが注目されています。フルボ酸及びフミン酸は有機物が分解された究極の形態でアルカリ水溶処理後に酸水溶処理をして不溶な黒色物質がフミン酸、水溶した物質がフルボ酸です。

以下にその研究内容の一部をご紹介します。

フミン酸

ここではフミン酸に関して研究されている内容及び推論をご紹介します。
(従って各国政府及び公的機関が認定した内容では無いことは留意下さい。)

フミン酸はミネラルの原動力であり、システムの中に入る毒素から体の細胞を保護し、治癒プロセスを促進し、そして酸化ストレスを防御します。それらは免疫系が機能するように改善する細胞に入る前に腸の毒素を取り除きます。

フミン酸は、ウイルスが細胞の外側に結合するのを防ぎ、炎症を減らし、悪性細胞の増殖と闘い、そして多くの深刻な病気を回復させることによって、細胞の外側でその主な働きをします。

フミン酸は胃の中で働き、食物を分解し、免疫系を助け、アレルゲン、細菌、バクテリアそして他の危険性を向上させる外来の侵入物や毒素を攻撃します。

人間にミネラルが及ぼす構造上の複雑さはフミン酸が最も強力な解毒剤の一つにします。

フミン酸の考えられる利点
 炎症を減らす
 癒しを高める
 
 免疫系機能を高める

 体が細胞の突然変異を直すのを助ける
 体を酸素化&アルカリ化
 無毒化(塩素/重金属)
     
 消化管疾患の治癒

 アレルギー反応を最小限に抑える
 呼吸/肺の状態の改善

フルボ酸

ここではフルボ酸に関して研究されている内容及び推論をご紹介します。
(従って各国政府及び公的機関が認定した内容では無いことは留意下さい。)

フルボ酸は、体の循環システムを介して拡散し、不均衡を修正し、栄養素をそれ自身の構造に代謝し、生命のプロセスに適切な機能を回復させ、細胞の電位を再充電することによって身体を助けます。

フルボ酸は、細胞の内側でそれらの働きの大部分を行い、細胞主膜をより透過性にします。 利点は、大量の栄養素を細胞の深部に直接輸送できることです。

フルボ酸はまた、体の強い免疫システムを構築するのを助けます。

これらのミネラルは、あらゆる外来物質や毒素に付着し、それを有用な物質に変えるか、あるいは体から取り除く働きをします。

・フルボ酸の利点

 エネルギーを増やす/細胞を活性化する

 酸素吸収を増やす

 糖をエネルギーに変えるのを助ける

 天然電解質を供給する

 自然な機能/防御力を後押しする

 強力な抗酸化作用

 ホルモンのバランスをとる

 電気化学バランスを復元する

 酵素生産を高める

 免疫系を刺激し再構築する

 体重を調整するのに役立つ